無料と有料のSNSの主な違いとは?

無料SNSと有料SNSの代表的なものとは?

代表的な無料のSNS

・Twitter
SNSの代表格ともいえるツールです。
ツイートと呼ばれる140文字以内の投稿に対して、リツートやいいねができる仕様になっています。
ダイレクトメールも可能で、気軽で簡単にコミュニケーションをとることができるものです。

・フェイスブック
原則本名での登録を推奨しているSNSです。
本名での登録という事で、実際の知り合いや友達とつながりやすく、遠くにいる友達などに近況を伝えることができるツールです。

・インスタグラム
多くの芸能人も楽しんでいるというインスタグラムは、特に写真に特化したSNSです。
社員に特化してるだけあって、色々な加工も手軽に出来るのが人気です。
最近では、インスタ映え、なんて言葉もできるくらい人気のSNSです。

代表的な有料のSNS

・DMMオンラインサロン
元々はSynapse(シナプス)という名前でしたが、2017年2月に株式会社DMM.comの子会社となったことで名前も変更されました。
有名人やスポーツ選手などがサロンと呼ばれる部屋を開いています。
このサロンを閲覧やコメントなどをするためには、それぞれ決められた月額の費用が必要になります。
費用は様々で、月数百円のものから10,000円を超えるものもあります。

・cakes(ケイクス)
デジタルコンテンツ配信プラットフォームを謳っているツールです。
無料で読める記事もあるのですが、1週間150円の有料会員になることで、すべての記事が読めるようになります。
まずは無料でお試しして、有料に切り替えるかどうかを見極めるのも良いですね。
漫画家や小説家等の作家さんや有名ブロガーさんが多く登録しているものも特徴の一つです。